たんぽぽ茶で母乳の出がよくなる?!母乳育児におすすめのお茶

MENU

たんぽぽ茶で母乳の出がよくなる?!母乳育児におすすめのお茶

たんぽぽ茶で母乳の出がよくなる?!母乳育児におすすめのお茶

 

母乳は、生まれた赤ちゃんにとって、最も安全で、最も消化が良く、最も栄養価に富んだ、理想的な栄養源です。

 

しかし、母乳育児をしている女性なら、

 

「自分の母乳の量がきちんと足りているか」
「母乳に悪影響を与えるようなものを口にしない」

 

という、この2つを一度は心配したことがあるのではないでしょうか。

 

母乳は赤ちゃんが直接口にする大切な栄養源ですから、母親である自分が、しっかりと食生活や悪影響を与えるものなどに注意していなければなりません。

 

それだけでなく、赤ちゃんの機嫌や成長具合を見て、母乳の量が足りているか判断しなければならないということもあります。

 

母乳育児は、母乳の十分な分泌量と、母乳自体の栄養価、質が大切

 

そこで、母乳のために利用してほしいのがたんぽぽ茶というお茶です。

 

たんぽぽ茶は、母乳育児をする女性の強い味方となってくれるでしょう。

 

たんぽぽ茶が、母乳に与えるよい影響とは、どのようなものなのでしょうか。

たんぽぽ茶は母乳の分泌を促します

たんぽぽ茶で母乳の出がよくなる?!母乳育児におすすめのお茶

 

母乳不足は、赤ちゃんにとって大変深刻な問題

 

母乳が不足するということは、赤ちゃんにとっては、十分な栄養を摂取できないということになるので、母乳はしっかりと出ているか、とても気になるところですよね。

 

たんぽぽ茶は、体内の血液循環を良くして、母乳分泌を助ける働きがあります

 

母乳は、もともと母親の体内にある血液から作られますから、母親の血液の状態が大変大きな影響を与えるでしょう。

 

また、たんぽぽ茶には、新陳代謝をアップさせる働きもあるため、母乳を作りだす機能も向上させ、より母乳分泌を促すことができるのです。

 

母乳が良く出るようになると、乳腺のつまりでおきてしまう乳腺炎などにもかかりにくくなり、母子ともに多くのメリットも!

 

赤ちゃんがごくごくと音を立てて母乳を飲んでくれるように、たんぽぽ茶を普段から愛飲して、自分の体の中から健やかに保つようにしましょう。

 

たんぽぽ茶による新陳代謝アップの効果については「たんぽぽ茶で新陳代謝を促進、健康的な毎日のために続けましょう」で詳しく解説しています。

たんぽぽ茶は母乳の質を向上させます

たんぽぽ茶で母乳の出がよくなる?!母乳育児におすすめのお茶

 

たんぽぽ茶には、妊娠や授乳期に必要なビタミンミネラルなどの栄養素が大変豊富に含まれており、妊娠や出産、授乳などで不足しがちになる栄養素をしっかりと補うことができるでしょう。

 

たんぽぽ茶を飲むことで、栄養価の高い母乳を赤ちゃんにも飲ませてあげられることにつながります。

 

また、母乳の出が良くなれば、どんどん新鮮な母乳を作り、与える事ができるというわけですね。

 

さらにたんぽぽ茶は、うれしいノンカフェインですから、飲むタイミングも選ばず、飲みすぎたりする心配も一切ありません。

 

母乳のために必要となる、大量の水分を安心してたんぽぽ茶で摂取することができるでしょう。

 

また、利尿作用便秘解消など、たんぽぽ茶はデトックス効果が高いこともあり、体内の老廃物や毒素を効率よく体外へと排出し、さらに母乳の質の向上に貢献します

 

たんぽぽ茶には高い利尿作用が!自然の力でデトックス

母乳育児のメリットとは!?

 

母乳育児のメリットは、以下にあげるようなものです。

 

母子共に良い事がたくさんあるため、積極的に母乳育児に挑みましょう。

我が子に最良の栄養を与えられる

大切な我が子に、最良の栄養をすぐ与えられます。

 

これは母から子に与える、最高のプレゼントだとも言えるでしょう。

 

そのためにも、良質な栄養素をたっぷり含むたんぽぽ茶の飲用がオススメなのです。

母子のスキンシップがはかれる

生まれたばかりの赤ちゃんは、とても小さくて儚いもの。

 

そんな赤ちゃんとママがスキンシップをはかれる最高の場面が授乳の時間です。

 

最近は生まれてすぐに母子がスキンシップをはかれるようにと、産後はカンガルー抱っこをさせて赤ちゃんに肌の温もりを与えるようにしてくれますよね。

 

その後、スムーズに母乳を与えられるようにしてくれています。

産後に体重が戻りやすくなる

完全母乳におけるママの消費カロリーは、600カロリー〜700カロリーで1食分のカロリー程度。

 

これについては、通常では水泳を数時間しないと消費できないカロリーです。

 

それだけ体力も使うのですが、ダイエット効果は相当なものでしょう。

 

妊娠中に体重増加する妊婦さんは多いため、授乳を機に元のスタイルを取り戻しましょう。

 

たんぽぽ茶で得られるダイエット効果とは?

子宮の回復をスムーズにさせる

赤ちゃんに母乳を頻繁に与える事で、ママの脳からはオキシトシンというホルモンが分泌され子宮の収縮がスムーズになるでしょう。

 

産後の回復も促進してくれるというわけですね。

家計に優しい!

母乳ならば、いつでも何処でも時間や場所を選ばずに適温、適量の母乳を赤ちゃんに与える事ができるでしょう。

 

ミルク育児であれば、月にかかるミルク代は家計に負担がかかります。

 

ですが、母乳ならば一切お金がかからないので、育児にお金がかかる家庭にとってはとても経済的です。

 

赤ちゃんを育てる家庭は、ミルク以外にも紙おむつなどで負担がかかるもの。

 

母乳であれば、そんな負担も軽減される事間違いなしでしょう。

たんぽぽ茶はこんな女性に最適

 

たんぽぽ茶は、産後の完全母乳を目指すだけでなく、妊娠中に生じるツワリや後期に生じやすい妊娠高血圧症候群の予防にも繋がるでしょう。

 

たんぽぽ茶をおススメしたい方は以下のような人です。

  • 出産後は完全母乳を目指している
  • テイストだけでなく安全性や品質にもこだわり抜きたい
  • 助産師が薦めるたんぽぽ茶を試したい
  • 妊娠中の体調不良を安定させたい
  • カフェインレスの飲みモノを探している
  • 鉄分をスムーズに摂取したい
  • 順調な産後の回復をしたい

鉄分不足を解消できるたんぽぽ茶

赤ちゃんをお腹に宿すと、お母さんの胎盤から赤ちゃんに栄養が行き渡る事になるでしょう。

 

その栄養素の中には鉄分も含まれていて、存分な量が赤ちゃんに行ってしまうと、お母さんは鉄分不足になります。

 

鉄分不足は貧血の原因となり、ひどいと立ちくらみや動悸などの深刻な状況となるでしょう。

 

また、鉄分が足りないと難産になるなどリスクを伴います。

 

さらに、出産後は母乳を介して赤ちゃんにも、良質な鉄分を与える必要があるでしょう。

 

たんぽぽ茶には良質な鉄分も含まれているため、母子共に鉄分不足を回避する事ができるのです。

母乳育児で気をつけたい生活習慣

 

母乳は白い血液と言われるほど、ママの食べたものがしっかり繁栄されてしまいます。

 

ですから、完全母乳を目指すママにとっては食生活を始め、様々な生活における注意点があるのです。

 

たんぽぽ茶を飲用しながら、以下のような事に気をつけて良質な母乳を赤ちゃんに与えてあげましょう。

母乳育児に摂取すべき食べ物と控えたい食べ物

たんぽぽ茶を併用しながら、母乳育児を目指すならば、まずは血液を直接作る食べ物を見直す事が必要です。

 

脂身の少ない良質なタンパク質を含む鶏肉や、最高のビタミン葉酸を含む小松菜などを積極的に摂取しましょう。

 

他にも、淡白な白身魚やイワシのような青魚も、母乳の出を良くしたり多種のビタミンが摂取できます。

 

一方、乳製品や豚肉、牛肉などの脂質の多い食べ物は乳腺を詰まらせたり、赤ちゃんの乳児湿疹の原因にもなってしまいます。

 

しばらくの間、ママは我慢した方が良いですね。

産後は激しい運動を控える!

産後の体は、筋力が衰えていてとてもデリケートになっています。

 

そんな中、妊娠中に増加した体重を落とそうとして、激しい運動をするのは怪我の元になりますよ。

 

産後にママが怪我や病気をしていたのでは、母乳以外の育児もスムーズにできなくなってしまうでしょう。

 

また、運動で酷使した筋肉の回復は予想以上の栄養を消費してしまうため、母乳に栄養がまわらなくなってしまう事もあります

 

産後、母乳育児をしていれば通常の生活だけでも1食分のカロリーは消費できますから、ハードな運動をしなくても十分に痩せやすくなるため焦らないことが大切ですね。

 

激しい運動を控えて、たんぽぽ茶の効果を存分に引き出してあげましょう。

まとめ

赤ちゃんが産まれ、母乳育児がはじまったら、ぜひたんぽぽ茶を試してみてください。

 

たんぽぽ茶に含まれるさまざまな効果効能が、ママと赤ちゃん、両方にたくさんの健康効果をもたらします。

 

また、赤ちゃんは栄養たっぷりの豊富な母乳ですくすくと育ち、ママは毎日健やかに、産後の回復もバッチリという理想的な育児スタイルを築くことができるようになるでしょう。

 

そのためにも、自分にピッタリ合ったたんぽぽ茶をセレクトする事が重要となりますよ。

 

自分のためにも、もちろん大切な赤ちゃんのためにも、今すぐに始められる母乳サポート、それがたんぽぽ茶を飲む事なのです。

 

>>たんぽぽ茶ランキングはこちら